MTバージョンアップ(3.33-ja)

3.2-ja-2 から 3.33-ja にバージョンアップしました。

バージョンアップの解説をしているサイトでは、新バージョンのファイルを旧バージョンのファイルに上書きでアップする方法が目立ちますが、私は旧Versionとは別フォルダにアップしました。
2.661 から 3.2-ja-2 にあげる時もそうしました。
だから一時的に新旧のMTが存在し、新にアップデートしない限りは旧が使えます。
こうしておいて、アップしたファイルのパーミッションを見直したりします。

まずは mt-config.cgi-original を編集し、mt-config.cgi にリネーム。
この辺の内容は他でいっぱいあるので割愛。

最初にアップする時のパーミッションは、

フォルダ : 700
*.cgi : 705
*.php : 705
*.pm : 600
*.pl : 600
*.tmpl : 600
*.sql : 600
*.dump : 600
*.txt : 600
としました。
その他のファイルは 644 です。

アップ後に、

mt-static/ : 700 -> 705
 以下、全フォルダ : 700 -> 705
plugins/ : 700 -> 705
 GoogleSearch/ : 700
 nofollow/ : 700
 spamlookup/ : 700
 StyleCatcher/ : 700 -> 705
 TemplateRefresh/ : 700
 WidgetManager/ : 700 -> 705
tools/ : 600
 以下、全ファイル : 644 -> 600

と変更しました。

mt.cgi にアクセスして、ログイン画面からログイン。
アップグレード画面が表示され、[アップグレードの開始]ボタンで処理が始まります。
特に問題なく処理はすぐに終了。

さて、緊張の一瞬。サイトを再構築。
"インデックス・テンプレートを再構築"し、トップページのバージョン表記が 3.33-ja になりました。
これでアップグレードはめでたく終了。

最後の掃除で、以下のファイルは不要なので削除しました。

mt-wizard.cgi
mt-upgrade.cgi
mt-testbg.cgi
mt-db2sql.cgi

あと、旧バージョンのMTを削除。

今後はデザインの見直しを行っていきますよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tec-q.com/mt/mt-tb.cgi/840

コメントを投稿